自転車による事故

自転車による事故

自転車による交通事故が増えています

自転車による交通事故が増えています事故の件数が増加傾向になります。自転車は軽車両とみなされるため、事故を起こすと車での事故と同様に刑事責任・損害賠償責任が発生します。
ただし、自転車での事故の過失割にはまだ一般化したものがなく、それが原因で加害者と争わなくてはならなくなることもあります。また、加害者が保険未加入の場合が多いため、十分な補償が受けられないことが多いなどの問題があります。

自転車による交通事故の類型

自転車による交通事故の類型をご紹介します。いずれのケースも弁護士に相談することで、スムーズに問題解決がはかれる場合がありますので、自転車事故に遭われた時にはお気軽に当事務所までご連絡ください。

車と自転車による事故

被害者が自転車で走行中に、加害者の車と衝突するなどのケースがあります。

自転車同士による事故

被害者・加害者ともに自転車で走行中に衝突するなどのケースがあります。

自転車と歩行者による事故

被害者が歩行中、加害者の車と衝突するなどのケースがあります。

自転車による交通事故の特徴

自転車による交通事故の特徴自転車による交通事故には次のような特徴があり、これらが原因で「加害者との間で争いが起こる」「十分な補償が受けられない」などの問題が生じる場合があります。

  • 自賠責保険がない
  • 車での事故のように、後遺障害等級認定のための中立機関がない
  • 加害者が保険未加入の場合が多い
  • 加害者本人と交渉しなければいけないケースが多い
  • 交通事故紛争処理センターを利用することができない

など

自転車による交通事故問題も弁護士にご相談ください

加害者との直接交渉は大変なストレスとなります

自転車による交通事故の場合、加害者と直接交渉するケースが多く、これは被害者にとって大変なストレスとなることがあります。事故に遭って被害を受けた上、そうしたストレスや労力などの負担を負う必要はないと言えますので、自転車による交通事故問題の解決は、法律の専門家である弁護士にお任せください。加害者との交渉を代行し、スムーズに問題を解決へと導きます。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォーム初回無料相談WEB予約
ご相談の流れ よくある質問 交通事故問題に関する用語集