高次脳機能障害

高次脳機能障害とは

脳が損傷を受けたことで生じる機能障害です

脳が損傷を受けたことで生じる機能障害です高次機能障害とは、交通事故の衝撃により脳が損傷を受けたことで生じる機能障害です。
記憶障害」「注意障害」「失語障害」「遂行機能障害」「感情のコントロールが上手くできなくなる」などの症状が現れることがあり、「忘れっぽくなったのは加齢のせい」とご自身で勘違いしたり、まわりの方から誤解されたりすることがあります。
なので、交通事故に遭ってから「忘れっぽくなった」「何度も同じ話をする」「よく言葉に詰まる」などの異変がある場合には、高次脳機能障害を疑う必要があり、特に若い方でこうした異変が見られる場合には注意が必要です。

高次脳機能障害の主な症状

  • 記憶障害
  • 注意障害
  • 失語障害
  • 遂行機能障害
  • 感情鈍麻
  • 感情易変

など

事故後、こんな異変がある時にはご注意ください

事故後、こんな異変がある時にはご注意ください事故後、次のような異変がある時にはご注意ください。ご本人様が症状に気づくのは難しいため、まわりの方が注意してあげるようにしましょう。

  • 忘れっぽくなった
  • 何度も同じことを繰り返してしまう
  • 何度も同じ話をする
  • 複数のことを同時にできない
  • よく言葉に詰まる
  • 感情がコントロールできない
  • 些細なことで起こったりする(感情の起伏が激しくなった)
  • 注意力が散漫になった
  • 以前と食べ物の味が違う(味覚障害)
  • 耳が聞こえにくくなった(聴覚障害)

など

高次脳機能障害で認定される後遺障害等級

高次脳機能障害の後遺障害等級認定では、「外傷が原因で後遺障害が発生しているか?」「障害の内容や程度はどのくらいか?」の順に検討されます。高次脳機能障害と疑われる症状が現れた場合でも、外傷が原因で発生していない場合には、非器質的な精神障害と考えられて高次機能障害とはみなされません。外傷が原因による障害(器質的な精神障害)の場合、後遺障害等級1級まで認められますが、外傷が原因でない(非器質的な精神障害)場合は原則9級までしか認められず、受け取れる損害賠償金に大きな差が生じることになります。

障害の原因 等級
器質的損傷
  • 1級
  • 2級
  • 3級
  • 5級
  • 7級
  • 9級
非器質的精神障害
  • 9級
  • 12級
  • 14級

高次脳機能障害の後遺障害等級認定について

事故直後からCT・MRI撮影などの画像診断を受けましょう

事故直後からCT・MRI撮影などの画像診断を受けましょう高次脳機能障害の後遺障害等級認定を受けるためには、事故直後からCT・MRIなどの画像診断をきちんと受けておくことが大切です。また、事故後に搬送された病院に脳外科がなかったり、専門医ではない医師の診断を受けたりした場合などには、診断書に意識障害の内容が記載されないケースもあるので、きちんと医師に意識障害の所見について確認するようにしましょう。

専門機関を受診するようにしましょう

専門機関を受診するようにしましょう高次脳機能障害は外見から判断するのは難しい障害のため、専門機関を受診しないと適切な診断が得られない場合があります。なので、脳神経外科や整形外科のほか、神経内科などにも対応できる病院で診断を受けるようにしてください。

①意識障害の記載に注意

事故後に救急搬送された病院に脳外科がない場合や担当医師が違う専門家医の場合、 頭部・脳損傷の理解が足りず、意識障害内容について診断書に記載されていない場合があります。
そのため、事故後すみやかに主治医から意識障害の所見について確認を得ましょう。

高次脳機能障害の認定は弁護士にお任せください

高次脳機能障害の認定は弁護士にお任せください高次脳機能障害の後遺障害認定は、決して簡単なものではありません。また、すべての弁護士が対応できるとは限らず、専門的な知識・経験が求められる分野です。大阪市北区・南森町駅の西田広一法律事務所では、高次脳機能障害の認定のためのサポートも積極的に行っており、認定のために必要な診断書を医師に作成してもらったり、傷害を示す客観的な資料を集めたりするなどして早期解決を目指します。
高次脳機能障害の適切な認定を受けるためには、弁護士の力が欠かせません。後遺障害等級認定のことでお困りであれば、お気軽に当事務所までご相談ください。初回法律相談無料・時間制限なしでお話を詳しくおうかがいします。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォーム初回無料相談WEB予約
ご相談の流れ よくある質問 交通事故問題に関する用語集