物損・その他

交通事故には「人身事故」と「物損事故」の2種類があります

「物損事故」とは車・建物などに損害が生じた事故のことです

「物損事故」とは車・建物などに損害が生じた事故のことです交通事故は「人身事故」と「物損事故」の2つに分けることができ、このうち人身事故とは、交通事故によって負傷者や死亡者が出た事故のことを言います。一方、物損事故とは負傷者や死亡者などはおらず、車や建物、衣類、ペットなどに損害が生じた事故のことを言います。

物損事故は自賠責保険の対象とはなりません

物損事故は自賠責保険の対象とはなりません人身事故の場合、強制保険である自賠責保険から補償が支払われますが、物損事故は補償の対象としていないため、加害者が加入している任意保険から補償を受けることになります。この「物損事故では自賠責保険から保険金が支払われない」という点が、物損事故での重要なポイントとなります。

人身事故に切り替えることも可能です

事故直後は目立った外傷や症状がなかったため、物損事故として交渉を続けていたが、後に辛い症状などが現れてきた場合には人身事故に切り替えることが可能です。ただし、警察がそうした切り替えに応じてくれない場合もありますので、早めの対応が重要となります。物損事故から人身事故への切り替えをお考えの方は、お早目に弁護士に相談されることをおすすめします。

物損事故で請求できる損賠賠償

物損事故で請求できる損賠賠償交通事故により車や積み荷、自宅の塀、店舗などが損害した場合を物損事故と言い、主に次のような損害賠償を請求することができます。

破損した車の修理費

適正な車の修理費に相当する額の補償を受けることができます。

車の買い替え費

車が全損した場合、事故直後の車両時価額を基準に買い替え費が補償されます。

車の登録費・車庫証明などの費用

車を買い替えなければいけなくなった場合、新しい車の登録費や車庫証明などの費用が補償されます。

代車使用料

修理期間中または買い替え期間中の代車使用料が補償されます。

評価損

事故の損壊により修理しても外観や機能に欠陥が生じたり、事故により車の価値が下がってしまったりした場合には、その差額が補償されます。

積み荷の損害

車にパソコンを積んでいて事故によって破損してしまった場合など、積み荷に対しても損害賠償の請求が認められています。

休業損害

営業車やタクシーなどが事故により営業できなかった期間の損失が補償されます。

営業損害

事故により店舗が損壊を受けて営業できなくなった場合、その期間に応じて営業損害が補償されます。

ケース別の損害賠償の内容

車が全損した場合

事故によって受けた損壊の程度がひどく、修理することが難しい場合や、修理費が車両時価額を上回ってしまう場合などには、全損とみなされ事故直後の車両時価額を基準に買い替え費が補償されます。

修理可能な程度の損壊の場合

全損にはあたらず修理することが可能な場合には、適正な車の修理費に相当する額の補償を受けることができます。

その他

「車に積んでいたパソコンが壊れた」「事故当時に着ていた服が破れた」「車に一緒に乗っていたペットが負傷した」「事故により車が格落ちした」などの場合にも、それぞれのケースに応じて補償を受けることが可能です。

物損事故も弁護士にご相談ください

物損事故であっても専門的な知識が必要となります

物損事故であっても専門的な知識が必要となります人身事故と比べると、物損事故は被害が小さく、損害の内容もわかりやすいと言えますが、損害額や過失相殺などが争点となった場合には、人身事故の時と同様に法律に関わる専門的な知識が必要となります。ご自身で対応すると、法的な知識が不足していたために、適正な補償が受けられないケースもあります。

物損事故のサポートは経験豊富な当事務所にお任せください

物損事故のサポートは経験豊富な当事務所にお任せください物損事故であったとしても、被った被害に対する補償をきちんと受けるためには、やはり弁護士のサポートを受けることが大切です。また、事故当初は物損事故と思っていた場合でも、時間が経つにつれて辛い症状が現れてくることもあり、そうした時には人身事故への切り替えを検討する必要があります。
大阪市北区・南森町駅の西田広一法律事務所には、豊富な交通事故問題の経験がございますので安心して事故後の対応をお任せください。損害に対する適正な補償の獲得や人身事故への切り替えなど、各お悩みに応じて最善のサポートをご提供します。まずはお気軽に当事務所の無料相談をご利用ください。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォーム初回無料相談WEB予約
ご相談の流れ よくある質問 交通事故問題に関する用語集