等級について

後遺障害の等級について

後遺障害の類型

別表第1
等級 介護を要する後遺障害
1級
  • 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
2級
  • 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
別表第2
等級 後遺障害
1級
  • 両眼が失明したもの
  • 咀嚼及び言語の機能を廃したもの
  • 両上肢を肘関節以上で失ったもの
  • 両上肢の用を全廃したもの
  • 両下肢を膝節以上で失ったもの
  • 両下肢の用を全廃したもの
2級
  • 一眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
  • 両眼の視力が0.02以下になったもの
  • 両上肢を手関節以上で失ったもの
  • 両下肢を足関節以上で失ったもの
3級
  • 一眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
  • 咀嚼または言語の機能を廃したもの
  • 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 両手の手指の全部を失ったもの
4級
  • 両眼の視力が0.06以下になったもの
  • 咀嚼および言語の機能に著しい障害を残すもの
  • 両耳の聴力を全く失ったもの
  • 一上肢をひじ関節以上で失ったもの
  • 一下肢をひざ関節以上で失ったもの
  • 両手の手指の全部の用を廃したもの
  • 両足をリスフラン関節以上で失ったもの
5級
  • 一眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
  • 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 一上肢を手関節以上で失ったもの
  • 一下肢を足関節以上で失ったもの
  • 一上肢の用を全廃したもの
  • 一下肢の用を全廃したもの
  • 両足の足指の全部を失ったもの
6級
  • 両眼の視力が0.1以下になったもの
  • 咀嚼または言語の機能に著しい障害を残すもの
  • 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 一耳の聴力をまったく失い、他耳の聴力が40 cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 脊柱に著しい変形または運動障害を残すもの
  • 一上肢の三大関節中の二関節の用を廃したもの
  • 一下肢の三大関節中の二関節の用を廃したもの
  • 一手の五の手指または親指を含み四の手指を失ったもの
7級
  • 一眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
  • 両耳の聴力が40 cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 一耳の聴力をまったく失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 一手の親指を含み三の手指を失ったものまたは親指以外の四の手指を失ったもの
  • 一手の五の手指または親指を含み四の手指の用を廃したもの
  • 一足をリスフラン関節以上で失ったもの
  • 一上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • 一下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • 両足の足指の全部の用を廃したもの
  • 外貌に著しい醜状を残すもの
  • 両側の睾丸を失ったもの
8級
  • 一眼が失明し、または一眼の視力が0.02二以下になったもの
  • 脊柱に運動障害を残すもの
  • 一手の親指を含み二の手指を失ったものまたは親指以外の三の手指を失ったもの
  • 一手の親指を含み三の手指の用を廃したものまたは親指以外の四の手指の用を廃したもの
  • 一下肢を5cm以上短縮したもの
  • 一上肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
  • 一下肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
  • 一上肢に偽関節を残すもの
  • 一下肢に偽関節を残すもの
  • 一足の足指の全部を失ったもの
9級
  • 両眼の視力が0.6以下になったもの
  • 一眼の視力が0.06以下になったもの
  • 両眼に半盲症、視野狭窄または視野変状を残すもの
  • 両眼の瞼に著しい欠損を残すもの
  • 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
  • 咀嚼および言語の機能に障害を残すもの
  • 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  • 一耳の聴力をまったく失ったもの
  • 神経系統の機能または精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 一手の親指または親指以外の二の手指を失ったもの
  • 一手の親指を含み二の手指の用を廃したものまたは親指以外の三の手指の用を廃したもの
  • 一足の第一の足指を含み二以上の足指を失ったもの
  • 一足の足指の全部の用を廃したもの
  • 外貌に相当程度の醜状を残すもの
  • 生殖器に著しい障害を残すもの
10級
  • 一眼の視力が0.1以下になったもの
  • 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
  • 咀嚼または言語の機能に障害を残すもの
  • 十四歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  • 一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 一手の親指又は親指以外の二の手指の用を廃したもの
  • 一下肢を3 cm以上短縮したもの
  • 一足の第一の足指または他の四の足指を失ったもの
  • 一上肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
  • 一下肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
11級
  • 両眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害を残すもの
  • 両眼の瞼に著しい運動障害を残すもの
  • 一眼の瞼に著しい欠損を残すもの
  • 十歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  • 一耳の聴力が40 cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 脊柱に変形を残すもの
  • 一手の人差し指、中指または薬指を失ったもの
  • 一足の第1の足指を含み二以上の足指の用を廃したもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
12級
  • 一眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害を残すもの
  • 一眼の瞼に著しい運動障害を残すもの
  • 七歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 一耳の耳殻の大部分を欠損したもの
  • 鎖骨、胸骨、肋骨、肩甲骨または骨盤骨に著しい変形を残すもの
  • 一上肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
  • 一下肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
  • 長管骨に変形を残すもの
  • 一手の小指を失ったもの
  • 一手の人差し指、中指または薬指の用を廃したもの
  • 一足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み二の足指を失ったものまたは第3の足指以下の三の足指を失ったもの
  • 一足の第1の足指または他の四の足指の用を廃したもの
  • 局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 外貌に醜状を残すもの
13級
  • 一眼の視力が0.6以下になったもの
  • 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
  • 一眼に半盲症、視野狭窄または視野変状を残すもの
  • 両眼の瞼の一部に欠損を残しまたは睫毛はげを残すもの
  • 五歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 一手の小指の用を廃したもの
  • 一手のおや指の指骨の一部を失ったもの
  • 一下肢を1 cm以上短縮したもの
  • 一足の第3の足指以下の一または二の足指を失ったもの
  • 一足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み二の足指の用を廃したものまたは第3の足指以下の三の足指の用を廃したもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの
14級
  • 一眼の瞼の一部に欠損を残しまたは睫毛はげを残すもの
  • 三歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 一耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  • 上肢の露出面に手の平の大きさの醜い跡を残すもの
  • 下肢の露出面に手の平の大きさの醜い跡を残すもの
  • 一手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
  • 一手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
  • 一足の第3の足指以下の一または二の足指の用を廃したもの
  • 局部に神経症状を残すもの

後遺障害等級の損害賠償

「自賠責保険基準」と「弁護士基準」では損害賠償金に2倍以上の差が生じることも

「自賠責保険基準」と「弁護士基準」では損害賠償金に2倍以上の差が生じることも交通事故による怪我・症状が原因で後遺障害が残り、後遺障害等級の認定を受けた場合には、認定を受けた等級に応じて保険会社から損害賠償金を受け取ることになります。損害賠償金の算定基準には「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準(裁判所基準)」という3つの種類があり、「自賠責保険基準」は必要最低限の補償額となるため、最も高額になる弁護士基準(裁判所基準)と比較すると次のように2倍以上もの差が生じることもあります。

各等級の後遺障害の慰謝料の目安(基準別)
等級 自賠責保険基準 任意保険基準(推定) 弁護士基準・裁判所基準
第1級 1,100万円 1,600万円 2,800万円
第2級 958万円 1,300万円 2,370万円
第3級 829万円 1,100万円 1,990万円
第4級 712万円 900万円 1,670万円
第5級 599万円 750万円 1,400万円
第6級 498万円 600万円 1,180万円
第7級 409万円 500万円 1,000万円
第8級 324万円 400万円 830万円
第9級 245万円 300万円 690万円
第10級 187万円 200万円 550万円
第11級 135万円 150万円 420万円
第12級 93万円 100万円 290万円
第13級 57万円 60万円 180万円
第14級 32万円 40万円 110万円
Tel.06-6316-8365法律相談メールフォーム初回無料相談WEB予約
ご相談の流れ よくある質問 交通事故問題に関する用語集