主婦で働いていない・パートで収入少ない

主婦の方の休業損害について

休業損害とは

休業損害とは休業損害とは、被害者が事故による受傷により休業または不十分な就労しかできなくなったために失った収入のことで、支払われる金額は職業の種類によっても異なり、被害者の日額基礎収入などを基に算出されます。

主婦の方でも休業損害は認められます

収入を得ていない専業主婦であっても、交通事故による休業損害は認められます。原則として全年齢の女性の平均賃金を基礎収入額(370万円程度)として、家事労働ができなくなった部分が補償されます。

主婦の休業損害の算出方法

専業主婦の場合

専業主婦の場合専業主婦の場合、収入を得ていないため、事故前の収入を基準に休業損害を算出することができません。そのため、原則として全年齢の女性の平均賃金を基礎収入額として算出することになります。
この場合、基礎収入はおおよそ1日1万円程度になりますので、専業主婦が事故により家事労働ができなくなった場合には、

  • 休業損害=おおよそ1万円程度×休業日数

という風に計算することができます。

兼業主婦の場合

パートなどをされている兼業主婦の場合、事故前の収入があるのでそれを基準に休業損害を算出すると思われるかもしれませんが、そうではありません。兼業主婦のパートで得られる収入は少ないことが多く、これを基準にすると専業主婦と比べて得られる補償に大きな差が生じることがあるため、兼業主婦の場合も専業主婦と同様に、全年齢の女性の平均賃金を基礎収入額として算出することになります。
ただし、収入が平均賃金を上回っている場合には、実際の収入を基準とします。

「主婦だから補償は受けられない…」と思わずに弁護士にご相談ください

主婦でも休業損害を請求することはできます

主婦でも休業損害を請求することはできます「専業主婦だから休業損害は請求できない」「パートで収入が少ないから休業損害は請求できない」とお考えではないでしょうか?そんなことはありません。専業主婦(主夫)・兼業主婦(主夫)であっても休業損害を請求することはできます。
もし、保険会社の対応に疑問を感じたり、不服に思われたりした時には、一度当事務所までご相談ください。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォーム初回無料相談WEB予約
ご相談の流れ よくある質問 交通事故問題に関する用語集