遷延性意識障害

遷延性意識障害とは

遷延性意識障害とは

遷延性意識障害とは遷延性意識障害とは、交通事故が原因で大脳の広範囲が損傷したり壊死したりすることで、重度の昏睡状態となる障害のことです。わかりやすい言葉でご説明すると、いわゆる「植物状態」になることを指します。
この遷延性意識障害に対して日本脳神経外科学会は認定基準を設けており、治療を継続しているにもかかわらず、次のような状態が3ヶ月以上続く場合に遷延性意識障害と認定されます。

日本脳神経外科学会による遷延性意識障害の認定基準
治療を継続しているにもかかわらず、次の6項目すべての状態が3ヶ月以上続く 自力移動が不可能
自力摂食が不可能
糞・尿失禁がある
声を出しても意味のある発語が全く不可能
簡単な命令には辛うじて応じることもできるが、ほとんど意思疎通は不可能
眼球は動いていても認識することはできない

遷延性意識障害の損賠賠償について

労働能力が100%喪失したとみなされて高額の損害賠償金が請求できます

労働能力が100%喪失したとみなされて高額の損害賠償金が請求できます遷延性意識障害となった場合、認定される後遺障害等級は最も重い1級または2級となります。そのため、労働能力が100%喪失したとみなされて高額の損害賠償金を請求することが可能で、請求できる損害賠償には「財産的損害」と「精神的損害」の2種類があります。

財産的損害

症状固定までにかかった治療費、入院雑費、付添看護費、その他雑費が補償されます。なお、症状固定後の損害については、生活費控除やライプニッツ係数による計算などで減額されます。

精神的損害

交通事故によって被った精神的損害に対して、慰謝料が支払われます。慰謝料には傷害を負ったこと自体に対する慰謝料(傷害慰謝料)と、後遺障害を負ったことに対する慰謝料(後遺障害慰謝料)があります。

遷延性意識障害で認定される後遺障害等級

遷延性意識障害となった場合、認定される後遺障害等級は最も重い1級または2級となります。

後遺障害 等級
神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの 1級
神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの 2級

脊髄損傷の後遺障害等級認定について

ご家族だけで手続きするのは非常に困難です

ご家族だけで手続きするのは非常に困難です遷延性意識障害となると、ご本人様は意思を表示することができず、まわりのご家族も介護に追われて後遺障害等級の認定の手続きを行う余裕がない場合もあります。遷延性意識障害の認定に向けては、介護の内容や程度、将来の介護費用や住宅改造費などを詳細に記載した文面が求められるため、ご家族だけでこうした手続きをするのは困難かと思われます。なので、遷延性意識障害の後遺障害等級認定は専門家である弁護士に相談し、適切なサポートを受けられることをおすすめします。

遷延性意識障害では損賠賠償金が高額になることが多いです

遷延性意識障害では損賠賠償金が高額になることが多いです遷延性意識障害では、損賠賠償金が億単位など高額になることが多いため、交通事故問題に精通した弁護士にサポートを依頼されることをおすすめします。大阪市北区・南森町駅の西田広一法律事務所には、これまでに多数の交通事故問題を解決に導いた豊富な実績がありますので、安心してお任せ頂けます。
後遺障害を負ったご本人様だけでなく、まわりのご家族のサポートにも心を配って参ります。遷延性意識障害の認定でお困りでしたら、お気軽に当事務所までご相談ください。当事務所の初回法律相談は無料で、時間制限もございません。時間を気にせずに何でもお話しください。

成年後見制度の申し立てもサポートします

遷延性意識障害ではご本人様が意思表示できないため、成年後見制度の申し立てを行って、ご本人様に代わって財産管理や法律上の手続きなどを行ってくれる後見人を立てる必要があります。この成年後見制度の申し立てについても、当事務所がしっかりとバックアップさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォーム初回無料相談WEB予約
ご相談の流れ よくある質問 交通事故問題に関する用語集