よくある質問

よくある質問

サポート前のご質問

交通事故問題はどのタイミングで相談するべきですか?

交通事故問題はどのタイミングで相談するべきですか?早期にご相談頂くことをおすすめします。特に後遺障害がある場合には、治療中から弁護士にご相談頂くことで、適正な後遺障害等級の認定に繋がると言えます。

問題解決までにどのくらいかかりますか?

ご相談内容や事故の状況、ご希望になる解決の形などによって異なりますが、早いケースで1ヶ月程度、長いケースで数年かかることもあります。

法律相談の時には何を持っていけばいいですか?

法律相談の時には何を持っていけばいいですか?事故に関わる資料や書類はすべてご持参ください。必要・不要はご本人様で判断せずに、一度すべて弁護士に確認させてください。ご本人様にとっては不要に思われるものでも、弁護士の目で見た場合には有用なものであることもあります。

損害賠償請求に関するご質問

保険会社の提示金額に納得がいきません。増額させることは可能ですか?

保険会社の提示金額に納得がいきません。増額させることは可能ですか?弁護士に依頼すれば、最も金額が高いとされている弁護士基準(裁判所基準)を活用して交渉することができるようになるため、納得のいく金額が得られやすくなると言えます。

損害賠償金に税金はかかりますか?

交通事故の損賠外傷金は非課税収入とみなされるため、税金はかかりません。

交通事故で自宅の塀が壊されたのですが、慰謝料は請求できますか?

物損事故の場合、慰謝料の請求は認められていません。

後遺障害のよくあるご質問

症状が残っているのに、後遺障害等級が認定されませんでした。何かいい方法はありませんか?

症状が残っているのに、後遺障害等級が認定されませんでした。何かいい方法はありませんか?後遺障害等級認定に不服がある時には、後遺障害等級認定のやり直しを求める異議申し立てを行って、認定のやり直しを求めることができます。

後遺障害等級を認定してもらうためにはどうすればいいのですか?

症状固定後、医師の診断書を添えて後遺障害等級の認定を申請します。申請には「事前認定」と「被害者請求」の2つの方法があります。

むち打ち症でも後遺障害等級に認定されますか?

むち打ち症でも後遺障害等級に認定されますか?むち打ち症の場合、7・9・12・14級に該当する可能性があります。ただし、7級と9級については、事故の衝撃が大きく、他覚的な所見が認められるむち打ち症のみが認定され、一般的には12級か14級に認定されます。

過失割合のよくあるご質問

交通事故の被害者ですが、過失割合は発生しますか?

交通事故の被害者ですが、過失割合は発生しますか?「酒気帯び運転」「停止中の後ろからの追突事故」「赤信号無視」などのケースの事故でないと、たとえ被害者であっても過失が発生する場合があります。

過失割合はどのように決められますか?

過失割合は任意交渉においては被害者と加害者との話し合い、訴訟においては裁判所の判決により決められます。

過失相殺とは何ですか?

過失相殺とは、交通事故において被害者にも何らかの過失責任がある場合、被害者の損害賠償金を算定する時に、その過失割合に相当する金額を減額することを言います。

示談交渉のよくあるご質問

示談交渉がまとまらなかった場合にはどうなりますか?

示談交渉がまとまらなかった場合にはどうなりますか?示談交渉がまとまらない場合には、調停、訴訟、裁判外紛争解決手続(ADR)機関(交通事故紛争処理センター)への申し立てなどの方法を検討する必要があります。

示談交渉には時効があると聞いたのですが…

物損事故や人身傷害事故の場合には交通事故後3年間、後遺障害が残った場合には症状固定後3年間、死亡事故の場合には死亡後3年間が経過すると、損害賠償請求権が時効にかかって消滅してしまいます。

示談交渉の時効を止める方法はありませんか?

調停や裁判、裁判外紛争解決手続(ADR)機関(交通事故紛争処理センター)への申し立てなどにより、示談交渉の時効を中断させることが可能です。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォーム初回無料相談WEB予約
ご相談の流れ よくある質問 交通事故問題に関する用語集