過失割合

過失割合とは

たとえ被害者であっても過失が発生する場合があります

たとえ被害者であっても過失が発生する場合があります過失割合とは、交通事故における当事者間の過失の割合のことを言います。この過失割合に応じて、被害者の損害賠償の金額が減額されます。「酒気帯び運転」「停止中の後ろからの追突事故」「赤信号無視」などのケースの事故でないと、たとえ被害者であっても過失が発生する場合があります。

示談交渉でもめる場合、ほとんどは「過失割合」が原因です

「事故原因の何パーセントが加害者にあるか?」によって、加害者の賠償額、被害者の請求額が変わりますから、加害者・被害者の双方の主張が対立するのは当然です。
例えば、もらい事故の場合、被害者の立場から見れば当然100%加害者が悪いと考えます。しかし、実際には加害者に100%の過失が認められる交通事故はごくわずかで、被害者にも事故を未然に回避できなかった何らかの不注意や過失があったとみなされ、被害者にも多少の責任があると判断されます。

交通事故には「過失相殺」という考え方があります

過失相殺とは、交通事故において被害者にも何らかの過失責任がある場合、被害者の損害賠償金を算定する時に、その過失割合に相当する金額を減額することを言います。その場合、実際に被害者が受け取る損害賠償金は、加害者の過失割合分となります。

過失割合の認定基準

過失割合は保険会社が決めるものではありません

過失割合は保険会社が決めるものではありません過失割合は定型化されていて、過去の交通事故判例を基に、事故状況別に過失割合の認定基準が定められています。この基準を使って、事故の状況を踏まえた上で具体的な過失割合が決められることになります。
なお、過失割合は任意交渉においては被害者と加害者との話し合い、訴訟においては裁判所の判決により決められるもので、保険会社が決めるものではありません。保険会社が提示する過失割合の中には、被害者にとって不利に設定されているものも少なくありませんので、少しでも疑問があったり、納得がいかなかったりする場合には弁護士に相談されることをおすすめします。

過失割合に納得がいかない時は弁護士にご相談ください

過失割合と示談交渉

過失割合と示談交渉過失割合は、そのまま損害賠償の割合になります。100%加害者の過失であるとなれば、被害者に生じた損害の全額を加害者が補償しなければなりません。加害者の過失70%、被害者30%で示談がまとまった場合は、加害者は全体補償額の70%だけ支払えばOKということになります。
過失割合は、現在ではかなり細かい事例まで取り決めがされ、交通事故に巻き込まれた場合でも、過去の事例や判例に基づいた過失割合が決定されます。ただし、解釈によって左右されるようなケースも多いため、示談交渉を行う際には、過去の判例や適用できる法令に詳しい当事務所までご依頼頂ければ、少しでも被害者様が有利になるよう交渉を行います。

過失割合に資料収集

過失割合に資料収集適正な過失割合を主張するためには、警察・検察証から取り寄せた「実況見分調書」や「物件事故報告書」などの資料の収集が重要です。これらの資料を取り寄せた上で精査し、少しでも有利に交渉がすすめられるように事故当時の状況を把握します。
適正な過失割合の主張を行うために多角的なサポートを行わせて頂きますので、過失割合に納得がいかない時にはお気軽に当事務所までご相談ください。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォーム初回無料相談WEB予約
ご相談の流れ よくある質問 交通事故問題に関する用語集