事故後の保険会社とのトラブル

交通事故後の保険会社とのトラブルについて

一番多いトラブルは保険会社の対応

一番多いトラブルは保険会社の対応交通事故の示談交渉の際には、加害者ではなく保険会社の担当者と交渉するのが一般的です。ですが、この時、保険会社の対応に不満を感じたり、不信に思ったりする場合が少なくありません。

よくある保険会社とのトラブル

治療費の打ち切りを求めてきた(症状固定)

治療費の打ち切りを求めてきた(症状固定)保険会社の納得いかない対応の1つに、「まだ辛い症状があるのに治療費の打ち切りを求めてきた(症状固定)」というものがあります。症状固定は医師が診断するもので、保険会社が決めるものではありません。なので、安易にそれに応じる必要はありません。

保険会社が提示してきた損害賠償金の金額に納得がいかない

保険会社が提示してきた損害賠償金の金額に納得がいかない交通事故の示談交渉では、「保険会社が提示してきた損害賠償金の金額に納得がいかない」「本当に適正な金額なのかどうか疑問」ということがよくあり、これが原因で保険会社とトラブルになることもあります。
損害賠償金の基準には「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準(裁判所基準)」という3つの基準があり、自賠責保険基準<任意保険基準<弁護士基準(裁判所基準)の順に金額が高くなるとされています。保険会社は通常、最も金額が低いとされている自賠責保険基準をもとに金額を算出しますが、これは必要最小限の基準であるため、「金額に納得いかない」と思われる方が出てくるのも当然です。

保険会社とのトラブルを解決するために

弁護士にご相談頂くことがトラブル解決の近道です

保険会社とのトラブルをスムーズに解決し、示談交渉をより良い形でまとめるためには、弁護士にご相談頂くことが一番かと思います。弁護士に依頼すれば、保険会社や加害者との面倒な交渉もすべて任せることができますし、法律の専門知識を活用して有利な条件で交渉をまとめることも可能です。
トラブルのスムーズな解決のためにも、より良い形で解決をはかるためにも、保険会社とのトラブルでお困りでしたら、大阪市北区・南森町駅の西田広一法律事務所までご相談ください。
当事務所では初回相談を無料で承っており、相談時間も無制限です。是非、お気軽にご活用ください。

弁護士にご依頼頂ければ「弁護士基準」で交渉できます

弁護士にご依頼頂ければ「弁護士基準」で交渉できます弁護士に保険会社とのトラブル解決を依頼する最大のメリット、それは弁護士が示談交渉に介入することで、「弁護士基準(裁判所基準)」で交渉できるようになる点です。示談金の基準には「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準(裁判所基準)」の3つがありますが、弁護士基準(裁判所基準)は最も金額が高いとされています。そのため、弁護士基準(裁判所基準)を活用して交渉すれば、納得のいく金額が得られやすくなると言えます。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォーム初回無料相談WEB予約
ご相談の流れ よくある質問 交通事故問題に関する用語集