保険未加入の場合

保険未加入について

加害者が任意保険に加入していない場合があります

加害者が任意保険に加入していない場合があります交通事故に巻き込まれると、通常、被害者は加害者が加入している保険を使って怪我の治療や車の修理代などの損害を賠償してもらうことになります。しかし、被害者が加害者に損害賠償を請求しようとしたところ、加害者が任意保険に加入していないケースがあります。この時、加害者が被害者に対して十分な補償をすることは難しくなります。

加害者が保険未加入の場合に補償を受ける方法

加害者が保険未加入の場合に補償を受ける方法加害者が任意保険に未加入の場合、被害者が補償を受ける方法として次の3つが考えられます。

1.加害者の自賠責保険に対して請求する方法

加害者が任意保険に加入しておらず、自賠責保険だけ加入している場合には、被害者が加害者の自賠責保険に対して損害賠償を請求することができます。ただし、自賠責保険では物損事故は対象とならず、損害の全額が補償されるわけではないため、十分な金額が受け取れない場合がほとんどです。

2.被害者自身の任意保険を利用する方法

ご加入中の保険の契約内容によっては、被害者自身の任意保険の「人身傷害保険」を利用して、損害の補填をはかれるケースがあります。ご自身で一度保険の契約内容を確認したり、保険会社の担当者に確認したりして、任意保険が利用できないか調べてみましょう。

3.加害者に直接請求する方法

加害者と交渉し、直接損害賠償を請求するという方法です。ただし、ご自身で交渉して十分な補償を得るのは難しいかと思いますので、弁護士に相談されることをおすすめします。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォーム初回無料相談WEB予約
ご相談の流れ よくある質問 交通事故問題に関する用語集