交通事故問題に関する用語集

交通事故問題の用語集

あ行

青い本

赤い本日弁連交通事故相談センターが発行している「交通事故損害額算定基準」の通称で、損害賠償の金額の算定方法や基準、判例などが記載されています。

赤い本

日弁連交通事故相談センターが発行している「民事交通事故訴訟・損害賠償算定基準」の通称で、賠償額の金額の算定方法や基準、判例などが記載されています。

慰謝料

慰謝料とは、交通事故によって被った精神的損害を金銭的に評価したもので、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準(裁判所基準)」の3つの基準があります。

逸失利益

逸失利益とは、後遺障害がなければ得られたはずの利益のことで、事故前の被害者の収入額などを基に算出されます。

か行

格落ち(評価損)

格落ち(評価損)事故直後の車両時価額と、修理後の車両価格の差額のことです。

過失相殺

過失相殺とは、交通事故において被害者にも何らかの過失責任がある場合、被害者の損害賠償金を算定する時に、その過失割合に相当する金額を減額することを言います。

過失割合

過失割合とは、交通事故における当事者間の過失の割合のことを言います。この過失割合に応じて、被害者の損害賠償の金額が減額されます。

外貌醜状

外貌醜状とは、「瘢痕」「線状痕」「組織陥没」「色素沈着による黒褐色の変色」「色素脱失」などを指します。外貌醜状は顔面、頸部、頭部などが対象となり、頭髪や眉毛で隠れる部分は該当されません。

仮渡金

交通事故後、必要となる生活費や医療費などを、損害賠償金の金額の確定前に被害者が自賠責保険に対して請求することで受け取れる補償です。

後遺障害

後遺障害とは、症状固定(これ以上治療を継続しても改善が見込めない状態)となった後も残った症状のことで、自動車保険では労災基準に応じて1~14級に区分されています。

高次脳機能障害

高次脳機能障害とは、交通事故の衝撃により脳が損傷を受けたことで生じる機能障害です。

さ行

車両保険

車両保険交通事故によって車両が損害を受けた時に、修理代が補償される保険のことです。

症状固定

症状固定とは、これ以上治療を継続しても改善が見込めない状態のことを言います。

消極損害

消極損害とは、交通事故に遭わなければ、本来得られたと予想される利益を失ったことによる損害を言います。

示談

当事者同士または当事者の代理人(弁護士や保険会社の担当者など)が話し合いにより、損害賠償に関わる問題などの解決をはかることです。

人身事故

人身事故とは、人が怪我を負ったり死亡したりする交通事故のことです。

積極損害

積極損害とは、病院で怪我・症状を治療するのにかかった治療費や入院費、通院のための交通費、付添看護費、義足・車椅子などの装具費のような、被害者が交通事故のために実際に支払った費用のことを言います。

自賠責保険基準

「自動車損害賠償保障法施行令」により加入が義務づけられている自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)での基準です。

遷延性意識障害

遷延性意識障害とは、交通事故が原因で大脳の広範囲が損傷したり壊死したりすることで、重度の昏睡状態となる障害のことです。

た行

対物賠償保険

対物賠償保険交通事故により他人の車、ガードレール、店舗などに与えた損害に対する賠償金が補償される保険です。

他覚的所見

被害者の自覚症状を裏付けるために、医師が検査結果などをもとに出す見解のことです。

賃金センサス

厚生労働省が毎年行っている賃金構造基本統計調査のことです。

低髄液圧症候群

低髄液圧症候群とは、脳の硬膜から脳脊髄液が漏れ出すことで、頭蓋骨内の圧が下がり頭痛やめまい、吐き気、耳鳴り、全身の倦怠感などの症状が現れる障害です。

な行

入通院慰謝料

入通院慰謝料とは、治療のために入通院していた時期がある場合に、その期間に応じて支払われる補償です。

任意保険

ドライバーが任意で加入する保険で、交通事故を起こした時、自賠責保険だけではフォローできない場合に備えて設けられています。

脳外傷

頭部外傷のうち、脳に損傷が及んだ場合の総称です。

は行

賠償金

賠償金被害者に与えた損害を、加害者が補償する金銭のことです。

ファミリーバイク特約

125cc以下のバイクに対してのみ、保険契約者またはそのご家族が交通事故を起こした時に保険金が支払われる特約です。

物損事故

物損事故とは、人に怪我がなく車両や建物などに損害が出る交通事故のことです。

PTSD

PTSDとは、強い外傷やストレスなどにより起こる症候群を指し、交通事故では「事故当時のフラッシュバック」「交通事故を連想させるものを回避する傾向」「受け入れがたい現実を回避するための無感覚」「過覚醒状態の持続」などが挙げられます。

弁護士費用特約

弁護士費用特約とは、交通事故の被害者が弁護士に依頼した時に、それにかかる費用を最大300万円(保険会社によって異なる場合があります)まで支払ってくれる特約です。

保険料

保険契約者が、保険内容に応じて保険会社に支払う金銭のことです。

ま行

むち打ち症

むち打ち症むち打ち症とは、自動車の追突や衝突などによって、首の部分に鞭がしなるような急激なショックがかかることで、頭や首の部分を損傷する怪我のことです。

無保険車傷害保険

保険契約者や一定条件下の契約者の親族、契約車に乗車していた人が交通事故により死亡または怪我を負った場合に、自賠責保険の保険金額を超える部分の保険金が支払われる保険です。

や行

遊休車

営業車が交通事故により稼働できなくなった時、代替して使用することができた車両のことです。

優先払特約

他人から借りた車を運転している時に交通事故を起こした場合に、運転者が契約している保険から優先的に保険金を支払ってもらうことができる特約です。

ら行

ライプニッツ係数

交通事故により、死亡または後遺障害が残った被害者の逸失利益を計算するための方法の一種です。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォーム初回無料相談WEB予約
ご相談の流れ よくある質問 交通事故問題に関する用語集